冷暖房の使用を抑え。
一年を通じて快適な生活を。


高断熱・高気密をすすめる理由
充填+付加断熱は、家全体を断熱材で包み込む事で、連続した断熱層を形成し、長期的に断熱性・気密性に優れた住宅が実現します。
断熱性・気密性の優れた住宅は部屋間の温度差が少なく、結露によるカビ・ダニの繁殖による健康被害も抑制。


数値化することで、確かな安心を
本当の意味での高断熱・高気密は、数値化できなければなりません。断熱性の指標であるQ値・UA値の計算を"全棟"実施します。
数字上でもお施主様に納得の頂ける「本物の高断熱・高気密住宅」を提供致します。

性能

Q値  1.9W/㎡k以下 次世代省エネ基準2.7W/㎡k
u値  0.05以下次世代省エネ基準0.07以下
目標とする快適温湿度夏:室温30℃以下 湿度:60%以下冬:室温18℃以上 湿度40%以上
年間一次エネルギー消費量低炭素建築物認定基準相当群馬県の平均の半分以下
  4人家族設定  
UA値(外皮平均熱貫流率)0.5W/㎡K以下次世代省エネ基準は0.87W/㎡k以下
ηA値(冷房期平均日射熱取得係数)2.0以下次世代省エネ基準2.8以下




高断熱

経年性能の優れた断熱材

優れた断熱材とは、熱伝導率が低い素材であることはもちろん、永く快適で健康に暮らせる住まいを実現するために、経年性能に優れた素材であることを重要視した上で、高性能グラスウールを使用しています。
ガラスなどを高温で溶かして細い繊維状にした断熱材です。床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用でき、厚みが増し、密度が高くなるほど優れた断熱性能を発揮し、柔軟性が高く、木材の乾燥や収縮に対応でき、柱と柱の間に隙間なく施工していく充填断熱工法に適してします。無機質なので燃えず、有毒ガスも発生しません。また、高温多湿な状態に長く置かれても劣化しにくく、吸音性にも優れコストパフォーマンスの高い素材です。
上下階、部屋間、床下の温湿度の差を少なくすることでヒートショックを防止するほか、結露によるカビ・ダニ・腐朽菌などの繁殖による人的・躯体共に健康被害を抑制します。また、断熱性能を更に向上させる為に、外側に付加断熱を行う場合もあります。

断熱施工が悪い


断熱施工が良い


画像の説明

樹脂サッシでエコ&快適環境を実現

一般的なアルミサッシは、アルミ製の枠にガラスを入れたものですが、樹脂サッシはアルミの代わりに樹脂素材の枠を用いたもの。アルミに比べて熱伝導率が約1000分の1という優れた断熱性によって、夏の暑さや冬の寒さが室内に伝わるのを防ぎ、夏涼しく冬暖かい快適で結露も抑制でき健康的な住まいづくりに最適です。
さらにガラスをlow-E複層ガラスにすることで、単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。まほうびん効果で一年を通じて最適な室内環境を作るとともに、冷暖房費を抑えることができます。


換気計画


高気密・高断熱住宅には不可欠な計画換気。
近年高断熱・高気密住宅を採用する会社が増えています。高気密状態とする家には計画的な換気が必要です。
計画的な換気とは居室だけではなく収納や小さな空間まで、室内すべての空気を動かすことであり、これを実現する為に私たちは第一種換気を推奨しています。第一種(全熱交換機)を利用して湿気が持つ熱エネルギー(潜熱)を有効利用することで、住宅の暖冷房負荷の軽減=省エネにつながります。
したがって、住宅の冷暖房負荷を軽減=省エネにつなげるには、冷暖房で快適な温度になった空気を断熱・気密で逃がさないことも重要ですが、換気から受ける外気の影響(夏暑く湿度が高い空気、冬寒く乾燥した空気)で温度はもちろん湿度(潜熱)をも増減させて省エネ化につなげることが出来ます。

※火のある所に必ず水蒸気が発生し、人体からも水蒸気は発生します。その余分な湿気を室外に排出しなければ湿度は高まります。それによって壁内結露がおこりカビが発生しアトピーや喘息などの健康被害を及ぼします。