住み継ぐための

ずっと安全で快適な住まいづくり


受け継がれる「資産価値の高い」住宅
今までの日本の住宅は、スクラップ&ビルドといわれるような「建てて、30年で壊して、また建てる」というような考え方が一般的でしたが、私たちは「長期優良住宅」を基準とし、住宅ローンを払い終わって子供や孫、あるいは第三者にも受け継がれていくような「資産価値の高い」住宅を提案したいと考えています。
構造計算を標準採用しているのも、その大きな理由の一つです。

愛されるいえづくりが長期優良住宅へと繋がる
長期優良住宅の認定を受けるためには、家を建てる際に一定以上の住宅性能を確保し、維持保全に関する計画を作成が必要です。
また、家の耐久性・耐震性・省エネなどの基本性能はもちろん、将来の家族構成の変化に対応する可変性や維持・メンテナンスのしやすさ、暮らす人にも街並みにもずっと愛され続けることが大切です。
大熊住宅では、長期優良住宅仕様を基準としておりますので、長期優良住宅の認定を受けることが可能です。さらにハード面だけではなく"末永く愛されるデザイン"も自信をもってご提案しています。


長期優良住宅の基準

耐 震 性
耐震等級2以上

極めて稀に発生する地震に対して、継続利用のための改修を容易にするための、損傷のレベルの低減を図ること。

維持管理・更新の容易性
維持管理対策等級3

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装や設備について、維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

劣化対策
劣化対策等級3

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な 規模を有すること。


省エネルギー性
省エネルギー等級4

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

維持保全

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。



長期優良住宅で受けられる税制優遇

住宅ローン控除最大500万円投資型減税上限65万円
         (一般住宅: 400万円)   (一般住宅:無)
登録免許税減税  0.1%       固定資産税減税5年間1 / 2減額
(所有権保存登記)(一般住宅: 0.15%)    (一般住宅: 3年間1/2)
不動産取得税減税 1300万円控除住宅取得等資金に係る1000万円非課税
         (一般住宅: 1200万円控除)贈与税の非課税限度額(一般住宅:500万円非課税)
金利優遇(フラット35S)当初10年間 ▲0.3%補助金100万円(数限定)
         (一般住宅:無)    (一般住宅:無)