時を重ねるほど、
より味わい深く美しい。


建物の経年変化には、時とともに美しくなる要因に素材の使い方があります。

壁・天井・床など目にするところ肌に触れる場所に無垢材や自然塗料などの自然素材を含めてご提案しています。
自然素材は新築時から時間が経つごとに、ただ古くなるのではなく独特の風合いを醸し出してくれます。
家は家族と過ごす場所。そこで過ごす時は人により様々です。長い時間で考えると、とても重要な場所だと私たちは考えています。そのため自然素材を用いた空間の心地良さ・快適な空間で生活をしていただくためにも素材にこだわった提案を致します。


無垢床材

木本来の暖かさや質感を感じられる無垢材。
無垢材とは、名前の通り「自然そのもの」の木材。
無垢材は1本の原木から必要な寸法に切り出して使用するため、自然そのものの木材であるのに対し、合板は接着剤で木材を貼り合わせたものです。シックハウスの原因となる化学物質(ホルムアルデヒド)は、この接着剤に含まれ、無垢材が重宝される理由は、化学物質を一切含んでいないためです。もちろん合板の方がコストは抑えられます。
しかし、何十年も住む家。長いスパンで考えるとメンテナンスの容易なことや家族の健康を考えると無垢材を選び、心から気持ちよく過ごしたいものです。床材は無垢を選んで、足元から自然素材のあたたかみを感じ取りませんか?家に帰ってからの贅沢が足を踏み入れたその一歩から始まります。裸足で過ごしたくなるわが家はシックハウスの心配もなく、子どもたちの健やかな成長を助けます。
大熊住宅は、その目を活かし厳選した木材を調達します。
良いものを長く、気持ちよく使う。これもエコですね。

画像の説明


無垢材の特徴

調温効果

木は常に呼吸しており、多湿時には水分を吸収し、乾燥時には水分を放出して湿度を一定に保とうとします。その為、季節によって木材そのものが若干の収縮をします。


断熱効果

木の中は多くの空気層を含んでいる繊維構造のため、熱伝導率が低く断熱性能が良い事より素足で歩いたら、ぬくもりを感じることができます。


触感的作用

木にはストレスを和らげる癒しの効果も科学的に証明されており、色や木目による視覚的作用、木肌に触れた時に触感的作用、樹木が発する芳香成分フィトンチッドによる森林浴効果などさまざまです。


視覚的作用

年月を経ると経年変化により色が変化していきます。環境や樹種にもよりますが、より深みを増し、味わい深い風合になります。