光と風と共に暮らす家。
自然を感じ、家族とつながる。

自然と共に暮らす。

暖かな太陽の光、通り抜ける涼やかな風。自然のエネルギーが何よりも快適なことは誰もが経験したことがありますよね。
昔の住宅では、そういった自然を取り込む知恵がどこにも用いられていました。しかし、現在建てられている多くの規格住宅では自然を取り込む工夫よりも設備に頼り快適さを手に入れるため、それらが見過ごされています。国際的にも環境問題が叫ばれるようになり、ここにきて機械設備に頼り切ることが正解とはいえなくなってきています。
私たちは新しい技術と先人からの知恵を合わせ、自然と共存して暮らしながらも、心地良く快適に暮らせる家づくりを目指しています。

自然エネルギーを最大限に活用するパッシブデザイン。

パッシブデザインとは、機器に依存することなく、建物の構造や材料などの工夫や外的な環境である自然エネルギー「光・風・熱」をコントロールし、快適な室内環境をつくりだす設計手法のことを言います。
住宅における省エネルギーの手法は、「建築構造による手法」と「設備機器による手法」があり、パッシブデザインは「建築構造による手法」にあたります。具体的には、外壁や扉・窓から熱の侵入を防ぐこと(断熱)と窓から侵入する日射を遮ること(日射遮蔽)などがあります。私たちは各手法をうまく取り入れることで、環境との共生を目指しています。

パッシブデザインの考え方

夏/パッシブデザインで涼しく

夏は、直射日光を遮ることが大切です。夏の太陽高度を考慮した軒や庇、日射遮蔽部材(カーテン、ブラインドなど)を設置し、室内への直射日光を遮ることで大幅に室内の温度上昇を抑えられます。さらに、卓越風を効果的に室内に取り込むことで、夏でも心地良い風が室内を通り抜けます。また、冬には短時間で効率良く換気ができる風の通り道を、住まいの中につくりだします。

画像の説明


冬/パッシブデザインで暖かく
天気のいい冬に日差しが差し込むリビングは日中暖房がいらないほど暖かいですよね。
全国的に見ても日射量の多い群馬県ですから、日差しを室内に取りこみ、熱を蓄える工夫が有効です。もちろん、取り込んだ熱を逃がさないように、家全体の気密性と断熱性を高めることが前提となります。

画像の説明


パッシブデザインがもたらす様々な効果
パッシブデザインは、環境のためだけではありません。身近な健康面や経済面に関しても非常に効果的です。
例えばヒートショックと呼ばれる室内(主に浴室)での急激な温度差により死亡する方は、交通事故の2倍以上いると言われています。断熱・気密性能が高いパッシブデザイン住宅では、部屋間の温度差が小さくなりますのでヒートショックの心配もありません。

さらに、冷暖房にかかるエネルギーも大幅に削減でき、家計の負担軽減にもなります。快適性や健康面でもメリットのあるパッシブデザイン。これが、大熊住宅が取り組んでいる住まいづくりです。

温熱計算
1棟1棟温熱計算の実施とともに高い温熱性能を実現。
私たちが依頼をいただく建物はそれぞれの住まい手によって千差万別の要望があり、建物の大きさや形状も様々です。そしてその土地や周囲の環境などにより大きく条件が変わります。そういった条件の中でいかに自然のエネルギーを取り込めているか、躯体性能とバランスは取れているのかを数値で確認するために一棟毎に温熱計算を行っています。

「温熱性能」とは、太陽のエネルギーを採熱・遮蔽、通風による排熱なども加味したうえで暖房や冷房にかかるエネルギーをいかに抑えることができるかという能力。言い換えれば、省エネ能力ともいえるものです。温熱計算を行うことで、国による次世代省エネ基準を大幅に超える性能を実現しています。工務店や住宅メーカーの中には、温熱の早見表などをもとに、あるレベルまでをクリアする断熱材やサッシを使用することで、細かい温熱計算を行わないところもあります。この計算を行うことにより設計した空間を明確な性能数値として表すことが可能となります。

プランニングの際は、
省エネルギー性能報告書をお付けいたします。
一棟一棟の立地、建物あわせて算出した一次エネルギー消費量をもとに、
年間の光熱費をご確認して頂けます。